ブログ
マイナンバー 導入前に早い段階で勉強して対応しましょう

こんにちは、総務の大城です。

今年の10月に日本国民は マイナンバー の通知カードが現住所宛てに届くそうです。
2016年1月から マイナンバー が実際に運用されるようです。

企業は今後この社会保険や所得税に関わる業務で マイナンバー を扱うことになりそうです。

マイナンバー とは?

マイナンバー とは個人情報を一か所にまとめて管理する為の国民一人一人に与えられる番号です。
現在は「社会保障分野、税分野、災害対策分野」のみで使用するとのことで、今後範囲が拡大していくことも考えられます。

要するに

「 マイナンバー は個人情報のかたまり」

ということです。

企業が マイナンバー 情報を漏洩したら罰則

マイナンバー の情報を漏洩した企業には以下の罰則があります。マイナンバー罰則罰金刑を受けた場合は公共事業の指名停止措置を受ける可能性もあるということで、
企業の存続に関わる重大なリスクをはらんでいます。

マイナンバー をどう管理する?

前もって情報漏洩しないよう対策を考えておく必要があります。
当社で考えた対策は以下の通り。

①PCではなく書類のみで マイナンバー を管理する(小さい会社なので可能)
②マイナンバー を扱える社員を限定する
③マイナンバー が記載された書類を一か所にまとめて鍵をかけて保管する

実際に マイナンバー を扱うようになったら念のために再度見直しを行います。

行政手続きは楽になる!

リスクがある一方で

「住民票などの添付書類が不要になる」

といったメリットもあるようです。

企業はより緊張感を持って管理をする必要がありますが、
もっと便利な世の中が来ることを信じて頑張ります!

参考サイト

政府広報オンライン
http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/mynumber/index.html

内閣官房>マイナンバー社会保障・税番号制度>よくある質問
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/faq/faq5.html